*現地生活情報

両替レート

円をNZ$に両替するときは日本国内よりNZ国内のほうがレートがよいので、日本で円をNZ$に両替して持ち込むよりも、日本円を円のままNZ国内へ持ち込み、現地で両替したほうが多くのNZ$が手に入ります。

NZ国内で円をNZ$に両替するときにも、そのお金の形態により異なるレートが適応されます。

CASH(現金)
一番レートが悪いのでおすすめできません。
Traveler's Cheque(トラベラーズチェック)
トラベラーズチェックを現金に両替する場合このレートが適応されます。なかなかよいレートだし、手数料もかからない(かかるところもあるらしい)のでおすすめ。
Telegraphic Transfer(電信送金)
銀行店頭には掲示されてないので見落としがちです、じつはこれが一番よいレート。現金を介さず口座間で両替する場合このレートが適応されます。

>> ANZの現在の両替レート

現地口座開設

長期滞在するならば現地の口座を開設するのがよいと思われます。NZにはANZ・ASB・Bank of New Zealandなど、いくつかの大きな銀行があります。僕はANZに口座を開きました。

銀行内で案内係に"I want to open my new account."というと、預け入れなどの窓口とは異なる部屋に案内されました。予約だけして別の日となることもあるようです。口座の種類がやたらに豊富なので、ちょっと混乱するかもしれませんが、別に難しいことはないと思います。口座開設に必要なものはパスポートと初期預金$50だけでした。

ANZ銀行のEveryday Banking向け小切手口座(Check Account)は次の3つ。これらの口座は手数料が安いかわりに利息はつきません。

  ANZ Everyday Banking Solutions
  ANZ Control ANZ Freedom ANZ Thrifty
口座維持費 無料 $15.00/month Free
ATM・EFTPOS手数料 60c 無料 10回まで無料。11回目以降1回$2
窓口手数料 $1.00 無料 $3
小切手 不可
備考 平均残高が$5,000以上だと手数料は無料 平均残高が$5,000以上だと口座維持費は無料 一人一口座のみ

利息を求めるなら普通預金口座(Saving Account)か定期預金口座(Term Deposit Account)。NZは日本と違い数%の金利があるそうなので、これらの口座もあわせてつくるとよいのかもしれません。

円送金

円を日本からNew Zealandに送金する場合、日本国内よりNZ国内のほうが両替レートがよいため、日本で円→NZ$の両替をせずに円を円のままNZへ送金したほうが多くのNZ$が手に入ります。この円送金は自分で行うことが簡単にできますが、この円送金を代行している業者もいくつかあります。

タイプ0(自分でやる)
NZで口座を持っていれば、日本の銀行から円を円のままNZのNZ$建て口座に送金してしまえば、自動的にその日のNZの電信送金レートでNZ$に両替され、NZ$建て口座に振り込まれます。送金時、日本の銀行で高額の海外送金手数料がかかります。NZで円建ての口座を持っていれる場合は円のまま受け取れます。
タイプ1(EASTWIND)
代行業者の日本の口座に振り込ませるもの。日本の口座に振り込めばよいので振込み手数料が安くすむことがメリットです。業者へ円送金手数料を支払い、そして業者の決めたレートにしたがいます。業者側は円送金手数料と高めのレート設定から利益を得ているのかと思います。>> EASTWIND
(2006年3月更新)EASTWINDはNZの口座に振り込ませるものに変わったようです。ということは日本から高額の海外送金手数料がかかり、さらにEASTWINDへの円送金手数料がかかり、さらにEASTWIND独自の高めのレートでの両替のため、このサービスにはまったくメリットがないと思われます。
タイプ2(KVB)
代行業者のNZの口座に振り込ませるもの。日本の銀行を通じてNZの口座に振り込むため、自分でやる場合と同じく振り込み時に高額の海外送金手数料がかかります。業者への手数料はありません。業者による独自のレートでの両替となります。このレートはNZの銀行の電信送金レートと比べてもよいもののようです。業者のほうでNZで円のまましばらく保管してくれるサービスなどもあります。 >> KVB
(2006年3月更新)KVBに関する情報に誤りがありKVBから指摘を受けたので更新しました。以下はKVBを利用するメリット。
  • レートが良い(レートの確認は電話のみ)
  • 両替手数料無料
  • 着金日より6ヶ月間円のまま保管(無料)
  • 送金した資金を一括で全額両替する必要がなく、分割しての両替が可能(無料・回数制限有)
  • 電話でも両替のご指示が可能。これにより世界中どこにいても保管中のご資金は両替および指定振込先への振込みが可能(本人確認有)
  • 資金を二箇所の異なる口座へKVBから振り込み可能。例:語学学校指定の口座へ1万ドル、残りは、自分の口座へ振り込み(無料・振込先件数制限有)
  • 希望の両替レートがあれば、それをコンピューターで管理して24時間レートを逃さずに両替を完了させることが可能(無料・最低額面指定有)
  • 最長6ヶ月先までの為替先物予約を行うことが可能(無料・最低額面指定有)
  • 円口座を既に持っていたとしても、諸手数料を考えると、6ヶ月間無料で円のまま保管できるKVBを利用したが資金面での節約につながる場合が多い
  • 最長6ヶ月先までの為替先物予約を行うことが可能(無料・最低額面指定有)

私は業者のサービスは利用しませんでしたが、内容(手数料とレートなど)をよく確認の上、利用してもよいと思います。EASTWINDは利用するメリットが見あたりませんが、KVBは利用しないメリットが見あたらないように思います。

円建ての口座

現地で円建ての口座を開設することができれば、日本からその口座へ直接送金でき、さらに円のままお金をキープできます。レートをみながら両替ができ、両替レートも一番よい電信送金レートとなるのでとても便利かつ有利ではないかと思い、開設にトライしました。

円の口座からNZ$の口座へ電信送金兼両替するときの手数料(ANZは無料)などについては要確認。

円建ての口座とはForeign Currency Accountになりますが、このForeign Currency AccountにはCall AccountとTerm Deposit Accountが存在するようです。Call Accountではいつでも引き出しができ、Minimmum Balance(最低預金残高)も必要ありませんが、口座の維持に手数料が必要となります。Interest(利息)もよくありません。Term Deposit Accountはいわゆる定期預金みたいなものと思われ、口座の維持に手数料は必要ありませんが、Minimmum Balanceがあり、かなりの額を預ける必要があります。

ANZ
Term DepositはNZ$10,000相当の円が必要。それ以下だと自動的にCall AccountとなりNZ$20/monthが必要。
ABS
100万円のMinimum Balanceが必要。
Bank of New Zealand
Call Accountは850円(NZ$8.5?)/monthが必要。

作者はTerm Depositに十分な円を持っていなかったし、毎月Call Accountに口座維持費を払ってまで円の口座を持つ必要はないと考えたのであきらめましたが、大量の円を持っている人、日本から円を受け取りたいがレートが悪いので全部を両替したくはないという人は考えてもいいかもしれません。円の口座からNZ$の口座へ電信送金兼両替するときの手数料(ANZは無料)などについても確認したほうがよいと思います。

ホーム
日記
ワーホリ
クライミング
写真
動画
掲示板
リンク
Copyright © 2003-2016 sotoiwa. All rights reserved.