*タイ料理

バイトをしていたタイ料理テイクアウェイのお店でいくつかの料理のつくりかたを教えてもらいました。Kiwi用にアレンジしてあり、本場のタイ料理とはたぶんちょっと異なります。つくりかたはいろいろあると思いますが、うちのお店の方法はテイクアウェイだけに非常に簡単で早く(10分以内)つくれるものばかりです。

グリーンカレー

日本でカレーをつくるとき市販のカレールーを使うように、市販のカレーペーストを使うことでとっても簡単につくれます。Red Curry等もペーストと具を変えるだけで同じ手順です。

材料(約二人分)

Coconut Milk 1缶(400ml)
いろいろ種類がありますが、脂肪分のあまり多くないもの(17%程度)がうちの店の方法では○。濃縮されたココナッツクリーム(25%程度)なんかを使うと、とんでもなく重たい食い物になります。
Green Curry Paste 1 Tbsp
1 TbspだとMildです。Hotにしたければ多めに。ペーストはクッキングオイルと一対一の割合で混ぜておくと、室温で保存でき、かつ長持ち(1年位)します。
Fish Source 3 Tbsp
ナンプラー(魚醤)。タイ料理には欠かせない調味料。
Sugar 2 Tbsp
本来は白砂糖じゃなくてパームシュガーという、やしからとった風味のある茶色っぽい砂糖を使うらしいです。
Lemon Juice 少々
Dried Kaffir Lime Leaves 少々
バイ・マクルー(こぶみかんの葉)。2〜3枚。
鶏の胸肉。好みで豚でも牛でもよい。
野菜
ブロッコリー、ズッキーニ、いんげん、グリーンピース。好みでにんじん、ナス、マッシュルームなど何でもよい。トッピング用にパプリカがあるとよい。

つくりかた

1
ココナッツミルクをなべに入れ火にかける。ペースト、ナンプラー、砂糖、バイ・マクルー、レモンジュースを入れる。
2
煮立ったら肉を入れる。あんまりぐつぐつ煮てはけない。肉に火が通りそうなころ野菜も入れる。
3
肉に完全に火が通り、野菜が柔らかくなったら出来上がり。煮過ぎるとココナッツミルクの脂肪分が分離してしまうので、あんまり煮ないこと。あればパプリカをトッピング。

炒め物

タイオリジナルは肉とオニオンのみで、他の野菜は入らないそうですが、うちのお店ではKiwiの好みに合わせ、いろいろ野菜を入れます。"Chili & Basil"、"Gerlic"、"Oyster "、"Ginger"、"Cashew"など、数多くのバリエーションがありますが、基本的なくつくりかたは同じです。基本の調味料(オイスター・砂糖・ナンプラー・しょうゆ)以外は好みに合わせて適当に。炒めすぎないことがポイント。

材料(約二人分)

鶏肉・牛肉・豚肉、好みで何でもよい。
野菜
オニオン、ブロッコリー、ズッキーニ、いんげん、グリーンピース、にんじん、もやし、たけのこ、ベビーコーン、マッシュルームなど好みで何でもよい。
Garlic
にんにく。テーブルスプーン1杯分くらい。細かく。
Ginger
しょうが。テーブルスプーン1杯分くらい。細かく。(Ginger)
Basil
バジル。一掴み分。(Chilli & Basil)
Cashew Nut
カシューナッツ。(Cashew)
Sesami
ゴマ。トッピング用。
Fried Garlic
スライスして油で揚げたにんにく。トッピング用。
Chilli Paste 1 Tbsp
大豆油に浸かったチリのペースト。辛いです。分量はお好みで。レッドカレーペーストもよいかも。(Chilli & Basil)
Oyster Source 1 Tbsp
オイスターソース。テーブルスプーンに山盛り。写真の「李錦記(LEE KUM KEE)」のもの推奨。
Sugar 1 Tbsp
テーブルスプーンに山盛り。オイスターソースより気持ち少なめ。
Fish Source 1/2 Tbsp
ナンプラー。
Soy Source 1/2 Tbsp
しょうゆ。ナンプラーと同量。写真の「李錦記(LEE KUM KEE)」の"Premium"推奨。"Dark Soy Source"不可。キッコーマンOK。
だし汁 少々
鶏がらスープ、チキンストック。日本のだしでもOK。

つくりかた

1
なべに油をひき、ガーリック、肉、オニオンを炒める。焦げそうならだし汁を少々を加える。だし汁の分量で出来上がり時のジューシーさを加減可能。
2
チリペースト(Chilli & Basil)、しょうが(Ginger)を加える。火の通りづらい野菜を加える。
3
オイスターソース、砂糖、ナンプラー、しょうゆ、ブラックペッパーを加え炒める。
3
火の通りやすい野菜(マッシュルーム・もやしなど)、カシューナッツ(Cashew)を加え、さっと炒め出来上がり。
4
ごま(Oyser、Garlic)、フライドガーリック(Garlic)、千切りしたにんじん(Chilli & Basil、Garlic)をトッピング。

トムヤムスープ

「トム・ヤム・クン」は超有名なタイのスープですが、「クン」は「エビ」の意味。エビを入れないで鶏肉の場合は「トム・ヤム・ガイ」。もちろんエビでもいいのですが、鶏肉でもなんでもOK。カレーの場合と同じく、トムヤムペーストなるものが市販されているので、それを使うことで簡単につくれます。

材料(約二人分)

Tom Yum Paste 1 Tbsp
便利なペースト。
Chilli Paste 1 Tbsp
炒め物でも使用したチリのペースト。トムヤムペーストだけでなく、これも同量使用することが秘訣だそうです。
だし汁 300ml
鶏がらスープ、チキンストック。日本のかつおだしでもいいと思います。
Sugar 1 Tbsp
Fish Source 3 Tbsp
ナンプラー。
Coconut Milk 3 Tbsp
牛乳、もしくは生クリームでもよい。
Lemmon Juice 4 Tbsp
生のレモンを搾って使う場合はやや多めに。
Dried Kaffir Lime Leaves 少々
バイ・マクルー(こぶみかんの葉)。2〜3枚。
Dried Galaga 少々
南姜。2〜3かけ。
鶏肉。
野菜
オニオン・マッシュルームなど適当に。

つくりかた

1
だし汁を火にかけ、調味料をすべて加える。
2
肉を加える。野菜を加える。
3
コリアンダーをトッピング。
ホーム
日記
ワーホリ
クライミング
写真
動画
掲示板
リンク
Copyright © 2003-2016 sotoiwa. All rights reserved.